今までにない和菓子作りに挑戦する店として茨木市に店舗をオープンしました

お問い合わせはこちら

創作和菓子センス

和と洋をマッチさせた創作和菓子が茨木市の皆様に人気

創作和菓子センス

常に同じ美味しさを提供する定番商品とともに、いつ来ても新しい商品に出会える季節限定メニューをお届けする店として、茨木市にオープンしました。季節ごとに中身が変わる大福の中で特にインパクトが強いのが、秋に販売する和栗のモンブラン大福です。
洋菓子と和菓子が絶妙にマッチした味わいが楽しめる新感覚のスイーツとして、何度も足を運んでくださるお客様には高い支持をいただいています。見た目も華やかなので、手土産やギフトとしてもピッタリの一品です。


創作和菓子センスの特徴

FEATURE

創作和菓子で新たな挑戦をする店舗として茨木市で話題です

店舗を切り盛りするのは、和歌山で5年の修業を終えたオーナー夫婦です。修業中に培った確かな技術を基に、旬のフルーツを贅沢に使った色とりどりのフルーツ羊羹や、季節ごとに中身を変えた大福といったように、これまでにない新しい商品を提供することを目指しています。特に、秋に販売している和栗のモンブラン大福は、白餡とホクホクの和栗を包んだ大福の上に、和栗のモンブランクリームを乗せている、今まで見たことがないインパクトの強い商品です。
和と洋の組み合わせで、一見するとミスマッチに思えてしまいますが、実際に味わってみると和栗のほのかな甘さを餡がしっかりと引き立てていて、想像以上に相性が良いことが分かります。昔ながらの大福のイメージを良い意味で壊してくれる一品で、リピーター様にも大変好評です。今後も、季節に合わせて旬の素材を贅沢に使った一品を生み出していきたいです。

食べやすい定番の和菓子も茨木市に構えた店舗で販売

一見すると洋菓子店にも見えるスタイリッシュな店舗の中には大きなショーケースがあり、その日に提供しているオリジナルの商品が並んでいます。旬のフルーツを贅沢に使ったフルーツ羊羹や、季節に合わせてメニューが変わる大福など、四季を感じられる商品と共に、いつでも安定した美味しさを提供している定番の生どら焼きも人気となっています。
生どら焼きは、プレーンと抹茶の2種類をご用意していて、しっとりと焼き上げた生地の中に、甘すぎないクリームと粒あんがたっぷりと詰まっています。クリームを混ぜることで口当たりが柔らかくなり、お子様でも食べやすいと評判です。抹茶はかすかな苦みが粒あんの甘さを引き立てていて、男性や大人の方向けの味わいとなっています。包装から出して、片手ですぐに食べられるため、家族のおやつとしても、手土産としてもおすすめの一品です。季節を問わず、いつでもお召し上がりいただける人気商品です。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。